赤漆天板 せきしつてんばん



 赤漆(せきしつ)と呼ばれる技法で仕上げた天板
奈良・平安時代に開発された技法で、木地を一度蘇方で染め上げ、
その上からも漆を塗り重ね赤みのある透明な仕上がりとなります。
木地も集成材ですので縦縞模様と赤色が不思議な色です。
 

 


0 コメント:

コメントを投稿

 

Blogger news

Blogroll

About